これでOK!未経験転職講座

未経験転職での面接は業界用語に注意

未経験はチャンス!異業種への転職で新しい人生の一歩を!

Contact means

未経験から異業種へのチャレンジは少し勇気がいりますが、視点を変えれば未経験は絶好のチャンス!転職で新しい人生を!お問い合わせ先: allright-changejob@ outlook.com

面接での業界用語はNG

未経験からの転職の流れ

面接での業界用語はNG

面接は一発勝負

転職活動において、誰もが不安に思い緊張するのが、面接でしょう。書類選考は、あらかじめ練りに練った書類を提出することができますが、面接はその場における受け答えがすべてです。しかし不必要なまでに緊張すると、却って印象を損なってしまい、せっかくの実力を発揮する場を確保することが難しくなってしまいます。各企業によっては、集団面接や個別面接など、様々なやり方を工夫していますが、いずれにせよ希望する人物像に最適な人材を選ぶという意図は一致しているのです。

分かりやすい話し方

新卒時にも共通するのは、面接には遅刻しないこと、身だしなみは清潔に保つこと、入室から退室するまでマナーを守ること、はきはきと明瞭に話すこと、など社会人であれば当たり前のことです。その上で、転職のための面接であるが故に、注意すべき点があります。
まずこれまでの経歴や業務内容を説明する時には、業界用語を使わないことです。異業種の場合に、専門用語は通じません。それを気が付かずに使っていると、面接官には分かりづらいものになり、話し始めて数分も経てば、興味を失ってしまうかもしれません。そして更に、いくら熱心に語っても、そもそも相手の立場を考えて話すことができないものと判断されて、評価を下げられてしまいます。
どんなビジネスでもコミュニケーションは重要であり、特に素人である顧客に分かりやすく説明するということは、社会人経験のある転職者であればこそ、最大限のアピールポイントにすべき能力です。いくら緊張していても、相手の表情を見るだけの余裕は持って、業界用語に首をひねったり、何か言いたそうなそぶりがあれば、早めに軌道修正をする必要があります。

成長をアピール

そしてこれまでの業務内容が転職先とは全く異なるとしても、それを無価値なものとして、ただ単に転職のハンデにしてしまうので非常にもったいないといえるでしょう。そうではなくてむしろ、その業種における自分自身の成長をアピールすることができれば、転職先にも将来的に十分貢献できるものとして、大いに期待を寄せられるかもしれません。仕事における一つ一つの創意工夫は、大きく捉えれば、決してその業種に限られるものではありません。これまでの経歴の中で、成長の証となるような具体的なエピソードを織り交ぜながら、自分の中の何が認められたのか、を分かりやすく説明できるようにしておきましょう。
そのためには自分の経歴を掘り下げるばかりではなく、転職先として希望する業界や応募先の企業をよく研究して、どのような場面に自分の能力を活用できるのか、様々なシュミレーションを想定しながら考えておくことも大切です。

転職を成功させるエッセンス