これでOK!未経験転職講座

未経験から異業種へ転職!退職のタイミングを見極めよう

未経験はチャンス!異業種への転職で新しい人生の一歩を!

Contact means

未経験から異業種へのチャレンジは少し勇気がいりますが、視点を変えれば未経験は絶好のチャンス!転職で新しい人生を!お問い合わせ先: allright-changejob@ outlook.com

ベストなタイミングで退職

未経験からの転職の流れ

ベストなタイミングで退職

立つ鳥跡を濁さず

これまでの日本社会のように、一つの会社に就職したら定年になるまでそのまま勤め続けるということが、当たり前ではなくなっています。転職をすれば、前の職場を辞めて新しい職場に移ることになるのであり、転職先を探すと同時に、退職の手続きを円満に済ませられるように計画しておく必要があります。
ブラック企業に就職してしまい、すぐにでも辞めなければ身が持たない、あるいは給与を数か月も支払ってもらえていないというような緊急事態でもない限り、退職のタイミングは、プロジェクトの区切りや異動の時期、そして仕事の引き継ぎ、あるいは後任者の決定など、ある程度周囲や会社側の都合も考えた上で決めるのが、社会人としてのマナーです。繁忙期に突然辞めるなどということは避けましょう。大企業などであれば、様々な処理の都合上、必然的に月末や年度末の退職になることでしょうが、それでも自分にとって少しでも有利な時期を選ぶよう、前もってよく考えておくことは大切です。

退職金の確認

就職してからまだ日が浅い場合であれば、計算するほどのことはないかもしれませんが、数年以上勤めていれば、その勤続期間に応じて退職金がもらえる場合があります。具体的な金額やもらえる条件などは、個々の会社の就業規則等を確認しなければなりませんが、最大限にもらえる時期を選ぶ方が良いのは言うまでもありません。また勤めている会社によって、退職一時金と退職年金をもらえることもあります。自分に受給資格があるかどうか、確認しておきましょう。

ボーナス支給時期

ボーナスは、それまでの実績に応じて支払われるものであり、あらかじめ退職の意思を伝えておいたとしても、支給日以後に退職するのであれば、もらう資格が当然にあります。そのためどうせ退職するのであれば、ボーナス支給日に退職するのが得ということになります。ただしあまりにもあからさまになると、周囲の反感を招くかもしれません。

社会保険の掛金

また会社勤めをしていれば、健康保険料や介護保険料、そして厚生年金保険料は、給料からの天引きによって、必ず徴収されていることでしょう。しかしこれらは一か月分を翌月払いとするのが通常であり、従ってちょうど月末付で退職する場合には、その月の保険料も、経理上退職月の給与から差し引かれますが、敢えて月末の前日に退職すると、退職月の保険料は、少なくとも退職する会社において支払う必要はないということになります。大抵は退職日の翌日には転職先に入社するというように、切りの良い時期を選ぶものですが、転職によって良くも悪くも生活環境が変わる時期に、余計な出費は避けたいというのも事実です。

転職を成功させるエッセンス