これでOK!未経験転職講座

未経験からJavaプログラマーを目指して転職!

未経験はチャンス!異業種への転職で新しい人生の一歩を!

Contact means

未経験から異業種へのチャレンジは少し勇気がいりますが、視点を変えれば未経験は絶好のチャンス!転職で新しい人生を!お問い合わせ先: allright-changejob@ outlook.com

「Javaプログラマー」で高収入を狙う

狙い目の職種はコレだ!

「Javaプログラマー」で高収入を狙う

IT産業は売り手市場

IT産業と言えば、人材不足から売り手市場となっており、「未経験可」という求人も比較的多く出ています。ネットワーク環境の整備が進み、今や市民生活に欠くことの出来ないインフラとなった今、いよいよネット上のサービス提供に参入しようという各企業が、競ってIT人材を確保しようと躍起になっています。
一方今後の就労人口の大きな部分を占めることになるであろう、情報産業の人材育成を早い段階から進めるという意味でも、プログラミングを学校教育に取り入れる動きも出ています。パソコンやタブレット端末など、情報機器の取り扱いは、今や社会人として必須のスキルとなっていますし、誰もが日常的に慣れ親しんでおり、未経験でも転職を考えやすい業種と言えるかもしれません。

日本においてJavaエンジニアの数は17万人以上いるとされており、その人口・求人数ともに今後増加し続けることが予想されています。

レバテックフリーランスより引用しました。

「レバテックフリーランス」は、フリーランスのITエンジニア専門の案件紹介サイトです。

Javaの求人情報はこちらから確認できます。

Javaプログラマー

IT人材と一口に言っても、プログラマやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャ、ITコンサルタントなど、いくつもの職種に分かれており、今や活躍の場が多岐に広がっていることから、逆に専門分化する傾向にあります。そのためそれぞれに必要とされるスキルや知識は高度化しており、また技術革新も早く、流行廃れの激しい業界ということもあって、日々の業務に加えて、業界の最新情報を貪欲に吸収しつつ、新たなスキルを磨いて学習する姿勢が不可欠です。
例えばプログラミング言語にもいくつか種類がありますが、その中でもJavaは、初学者が最初に学ぶ基本的な言語といえます。そしてこれを習得することで、その後様々な開発現場で活躍することができる可能性が広がります。採用される会社によって、どのような開発を手掛けており、どのようなプログラミング言語を必須としているのか、はそれぞれに異なります。しかしその中でもJavaプログラマーの需要は高く、人気があります。

転職支援サービスの活用

いくら売り手市場とはいえ、業界の動向は日々刻々と変化しています。専門分化しているため、特定の言語の特定のスキルを持つ人に需要が集中することもあり、未経験者であれば猶更、業界の事情に通じたプロの助言を受けることも大切です。特にプログラマーの場合、未経験者であれば、転職支援サービスを展開する派遣会社などに登録することによって、一定の研修を受けられたり、派遣先の企業を実力レベルに合せて紹介してもらえるなどといったサポートを受けられる場合があります。もちろんほんの数か月の研修によって、開発現場で一人前の仕事ができるようになるほど甘いものではありませんが、「習うより慣れろ」とばかりに現場に立って、実地経験を積みながら身を持ってプログラマーの仕事を覚えて行くと、思いの外早く成長するものです。

転職を成功させるエッセンス