これでOK!未経験転職講座

未経験からCADオペレーターへの転職にチャレンジ!

未経験はチャンス!異業種への転職で新しい人生の一歩を!

Contact means

未経験から異業種へのチャレンジは少し勇気がいりますが、視点を変えれば未経験は絶好のチャンス!転職で新しい人生を!お問い合わせ先: allright-changejob@ outlook.com

設計者をアシストする「CADオペレーター」

狙い目の職種はコレだ!

設計者をアシストする「CADオペレーター」

資格を活かせる仕事

日本は資格大国といわれていますが、確かに国家資格に限らず民間の資格も多種多様であり、不況や就職難の時代を反映しているのか、資格の取得を薦める広告をよく見かけます。転職するに際して、取得すれば有利とされる資格はいくつもありますが、その中の一つである、CADオペレーターも人気の高い職種です。

設計や製図を行うためのCAD

CAD(Computer Aided Design)とは、一般的にはパソコンを使って設計図を引いたり、製図するためのソフトウェア・システムを意味します。設計図や製図と一口にいっても、その具体的な用途は幅広く、家やビルなどの建築や、様々な配線や配管、そして自動車や飛行機や電車、あるいは洋服などといった具合です。使用されるのは、フリーソフトから高額な専門のソフトまで様々ですが、いずれにせよ現代のものづくりには欠かすことができないツールとなっています。

CADオペレーターの役割

ここでCADはあくまでツールであり、設計者が最初に作る設計図から、現実に物を作る過程において、様々な変更や修正や調整を行う際にも、威力を発揮します。もっともこのような変更などの作業は、CADを使用するとはいえ、設計者自らが行う必要はなく、設計者の指示に従ってCADオペレーターが行うのが通常です。このようにCADオペレーターの仕事は、修正や調整を行うのが主であり、自らが設計図面を引いて、無から有を作り出す高度な知識やスキルを必要とするものではありません。
従って建築士などの資格を有していたり、大学や専門学校などで専門的に勉強をしたことがなくても、興味があるのであれば、ある程度CADの使い方を覚えた上で、転職することも可能な職種といえます。ただし少なくとも設計者の指示通り、正確に修正や調整ができるよう、コミュニケーションをスムーズに取ることができなければなりません。

CAD利用技術者試験

このCADオペレーターになるために、インターネットや書籍を利用して独学でCADを勉強したり、あるいはスクールに通って学習するのが通常です。いくら「未経験可」の求人であったとしても、CADを見るのも触るのも初めてといった素人に、給料を支払って仕事を任せるわけには行きません。そして学習の目安として資格を取得しようと考えるのであれば、いくつかある中でも「CAD利用技術者試験」は、認知度が高いとされています。

働きながら「CAD利用技術者」や「CADトレース技能審査」の資格を取得できる、資格取得支援の奨学金制度を創設しました!

サポートナビCADより引用いたしました。

CADオペレーターの求人情報はこちらから確認できます。

そんな資格を働きながら取得できて奨学金も使えればもう文句ないですよね!もっとも資格は飽くまで目安に過ぎず、実際のところは、どれだけ正確に早く作業ができるのかといった、現場での評価に掛かっているのであり、そのためにも未経験とはいえCADにできるだけ長く触っていることや、扱い慣れていることが必要になります。

転職を成功させるエッセンス