これでOK!未経験転職講座

未経験から経理への転職にチャレンジ!

未経験はチャンス!異業種への転職で新しい人生の一歩を!

Contact means

未経験から異業種へのチャレンジは少し勇気がいりますが、視点を変えれば未経験は絶好のチャンス!転職で新しい人生を!お問い合わせ先: allright-changejob@ outlook.com

「経理部門」でお金の流れを管理

狙い目の職種はコレだ!

「経理部門」でお金の流れを管理

会社の「縁の下の力持ち」

どんな会社も、会社として営利事業を営む以上、お金の流れを処理する経理事務が必要です。この経理という仕事は、大企業から中小企業や個人商店に至るまで、基本は同じなのですが、規模が大きくなるに従って複雑になりますし、何より会社によってやり方が異なるものであるため、その会社のやり方に応じて適切に処理する必要があります。そのため特に20代であれば、未経験であっても比較的転職しやすいと言われています。

経理の仕事

まず経理の仕事とは、日々の入出金の管理や、月ごとの費用と収益の集計を行う月次業務、そして半年あるいは一年ごとの年次業務に大きく分かれます。一日一日の入出金が正確になされていないと、それを集計した月ごと、あるいは年ごとの数字も信用できるものではなくなるため、後で修正を余儀なくされることになります。
最近では簡単便利な会計ソフトが導入されていたり、あるいはどこまで会計士や税理士に任せているのかという面もあるため、一概に仕事の範囲を限定することはできません。しかし1円単位でお金の流れを正確に把握する必要があるのであり、神経を使う仕事です。そのため几帳面で細かい作業も苦にならず、信用される人でなければなりませんが、その上でともすれば細かな経理上の処理に無頓着な他の部署へ、敢えて苦言を呈することもできなければなりません。

経理への転職

会社の経理部署に配属されれば、会社によっては簿記などの資格を取得することを奨励されることもあります。そのため未経験から経理に転職するにあたって、まずは最低簿記3級を取得しておくと良いでしょう。もっとも年齢を考えると3級では不安という場合には、2級も取得しておきましょう。これらの資格は、資格を持っているからと言って、即会社に入って経理処理が一人前にできるというわけではなく、あくまで会計処理に必要な専門用語や基本的・体系的な流れを理解するという意味であり、やはり「郷に入りては郷に従え」といわれるように、その会社のやり方を一から順々に覚えて行かなければなりません。

転職支援サービスの活用

もっとも有り余る情報が溢れる世の中で、あれこれと闇雲に迷っていても、転職に成功することはできません。これまでの仕事に満足できず、異業種ながら経理の仕事に挑戦しようという場合、やはり転職支援サービスなどを利用することで、その業界の事情に通じたプロのアドバイスを受けることは重要です。

また、税ピット求人の転職・就職エージェントも、求職者の方の希望に合う会計事務所・企業の紹介をサポートします。

税ピット求人より引用いたしました。

「税ピット求人」は、経理や会計の求人を専門に取り扱っている転職サイトです。

経理の求人情報はこちらから確認できます。

資格の取得は付加価値を高める一つの手段に過ぎず、これまでの経歴や業務内容をある程度深く掘り下げた上で、敢えて経理に挑戦しようという自分自身の意思を明確にすることなくしては、意味がないのです。

転職を成功させるエッセンス