これでOK!未経験転職講座

未経験からの異業種転職では求人の意図をしっかりと掴むべし

未経験はチャンス!異業種への転職で新しい人生の一歩を!

Contact means

未経験から異業種へのチャレンジは少し勇気がいりますが、視点を変えれば未経験は絶好のチャンス!転職で新しい人生を!お問い合わせ先: allright-changejob@ outlook.com

求人内容の意図は掴んでおこう

新しい人生を歩むために

求人内容の意図は掴んでおこう

求人情報の読み方

求人情報にある「未経験可」という意味は、業種によっても、企業の意図によっても異なります。「未経験可」とあっても、それは即戦力となり得る経験者からの応募があれば、迷わず経験者を優先するという意味かもしれませんし、逆に経験者を雇ってその実力に見合うほどの高い給与を支払うことができないため、敢えて未経験者を雇うつもりであるのかもしれません。未経験から異業種に転職しようと考える場合には、他の求人条件とも相まって、どのような人物像が求められているのかを、よく吟味しておく必要があります。

経験者が市場に不足している場合

近年ネットワーク環境の普及が進み、それと共にネット上の巨大なビジネス市場に参入しようと試みる各企業が熾烈な競争を始めていることなどから、IT人材は慢性的に不足しており、今後増々需要が高まるとされているだけに、世界中で争奪戦が繰り広げられようとしています。このように誰もが求めているにもかかわらず、供給が少ない場合には、経験者を求めていては一向に採用出来ずに業務に差し障るため、未経験者であっても採用する方が良いという判断になります。
もっとも本音では経験者を中途採用したい企業には、自社内で十分な教育を施す余裕がないという場合も多いものですが、事情が事情であり、また営利事業として行っている以上、仕事の上での失敗は許されず、未経験者には一定の研修を受けさせたり、指導員を配置するなどして、一人前になるよう育てる工夫をしているのが通常です。その他、様々な営業職や販売員なども「未経験者可」の募集が多く見られますが、やはり経験者を優遇する趣旨であり、異業種からの転職組には難しいかもしれません。

敢えて未経験者を雇う場合

その一方で、例えば会社によって全くやり方の異なる、伝統工芸の後継者を育てようという場合や、メーカーや製造業などの特殊な技術を一から身に付ける必要のある場合など、経験者ではなく、まさに未経験者が求められることがあります。双方の希望が合えば、異業種からの転職も実現しやすいといえるでしょう。

年齢や免許・資格による制限

あるいは新卒時に希望する企業に就職することができず、やむなく第二新卒として、あるいはアルバイトをしながらもう一度正社員を目指して転職するという場合、逆に新卒者を募集しても応募が集まらなかった中小企業の、「未経験者可」の求人に応募することができるかもしれません。ただし厳しく年齢が制限されるのが通常です。
また「未経験者可」でも、最低限必要な免許や資格がある場合もあります。薬剤師や保育士や看護師や介護士など、資格や免許を持たなければできない仕事の場合には、未経験であっても採用される可能性が高くなります。

転職を成功させるエッセンス