これでOK!未経験転職講座

異業種への転職は「未経験」というチャンスでもある

未経験はチャンス!異業種への転職で新しい人生の一歩を!

Contact means

未経験から異業種へのチャレンジは少し勇気がいりますが、視点を変えれば未経験は絶好のチャンス!転職で新しい人生を!お問い合わせ先: allright-changejob@ outlook.com

未経験という名のチャンス

新しい人生を歩むために

未経験という名のチャンス

中途採用による多様性

アメリカは自由の国といわれ、またアメリカンドリームを実現する国といわれます。失敗をしても何度でも挑戦するチャンスが与えられるとされる点は、日本とは決定的な違いといえるかもしれません。日本ではバブル景気崩壊後に変化の兆しがあるとはいえ、幼いころから失敗を許されない環境の下に育ち、失敗をするとたちまち社会の底辺へ転げ落ちて再起不能となってしまうといわれています。
しかし世界の潮流はダイバーシティすなわち多様性を認め、それを受け入れて活かす方向へと進んでいます。このような価値に気が付いている日本の企業も多く、積極的に多様な人材を採用して、活気を生み出しています。弱みを強みに変えて逞しく柔軟に活躍する人材は、今後のビジネスに欠くことの出来ない貴重な戦力となるでしょう。異業種からの転職は、このような挑戦の証でもあります。

未経験からの転職

社会人として就職から数年が経つと、自分の将来はこのままで良いのかと疑問を感じることがあるものです。それに対する答えは人それぞれであり、やむに已まれぬ事情によって同じ会社に踏み止まる人もいれば、仕事の傍ら資格取得の勉強を始める人もいれば、新天地を目指して外に飛び出す人もいます。いずれにせよ人生の大きな決断であり、その選択肢の一つとして、異業種への転職があります。社会人一年生の頃、仕事を始めてみなければ仕事とはどんなものかが分からなかったのと同じように、異業種を選択するのは勝手がわからず、不安も大きいものです。
そして中途採用ということは、即戦力を求められるのが通常です。しかし雇う側も、未経験者にいきなり経験者の仕事と責任を任せることはありません。これまでの経歴を勘案して、様子を見ながら必要な教育を施して、仕事で実績を上げられるようになれば正当に評価するものです。

転職のタイミング

もっとも大学新卒者の3分の1が就職後3年以内に辞めてしまうという統計結果が出ていますが、嫌ならさっさと辞めて転職すれば良い、と安易に考えていると後々後悔することにもなりかねません。転職理由として挙げられるものには、前職の会社に対する不満が多いようですが、会社に不満があるからと言って即転職は考え物です。会社の規模によっては、転属や転勤を希望して、環境を変えることもできるため、例えば人間関係の悩みは解消できるかもしれません。給与が低いという場合にも、例えば資格手当がつくようであれば、対象となる資格取得を目指すことも一つの手ですし、休みが少ない場合には、仕事の効率を上げる工夫を凝らすなど、自ら考えて動くことが大切です。というのも転職しても前職と同じ環境に陥るようであれば、意味がないのです。

転職を成功させるエッセンス